· 

野村哲也氏はティファ好き?彼が嫌われる理由

FF7でキャラクターデザイン担当をした野村哲也氏、彼には熱狂的なファンがいる裏腹、一部のFFファンから批判を浴びる対象になっています。彼がきらわれてしまう理由はなんなのか?考えていきたいと思います。

 

・野村哲也氏はキャラデザに私情が見え隠れ

FF7においてキャラクターデザインを担当された野村氏ですが、2人のヒロインのうちティファ推しで有名です。

 

その理由は以下です

 

・開発中、エアリスしかヒロインのいなかった中「もう一人ヒロイン増やしましょう」というアイディアを出した。

 

・ティファのスケッチだけスリーサイズを明記したりこだわりがスゴイ。

 

・FF8のヒロイン、リノアは初恋の相手がモデルと明言。リノアもティファと同じく黒髪ロングで顔も似ている。おそらくティファも同じ女性がモデル。

 

・アルティマニアΩで「ティファは色んな立場を持ち合わせていて、クラウドにとって母であり恋人である」と発言している。(作中にティファがそんな立ち位置だと明確にわかるシーンはないのにもかかわらず)

 

・ディシディアFFの開発を始める際「ティファが出ないなら、作らない」と発言

 

・アドベントチルドレン(AC)ではティファの顔は何回も作り直させて、最終的には好きな女優(伊藤歩さん)の顔に寄せたと発言。(その女優さんが声優も務めています。また、その女優さんの声の演技があまり上手くないという評判からも、野村氏の個人的な女性の好み、私情が入っていると受け取れてしまう)

 

・FF7発売当初はエアリスの方がメディア露出が多かったのに、総指揮の坂口氏が退社し野村氏がディレクターや監修を務めるようになった作品からは、ティファの方が出演があきらかに多くなっている。

 

例:ACでの出番が多い(ACCでは他キャラの出番をカットしてまでティファの出番が多くなる)、Gバイクでティファが強制アシストキャラに、さらに最初から最強武器と最強リミット技を使っている。(シド、ユフィはリミット技が初期レベル、エアリス登場無)など、他にもたくさんありあげればきりがない。

 

・「FF7 10th ANNIVERSARY アルティマニア増補改訂版」ではティファの方がエアリスを含めた他キャラより紹介ページが多い。基本的にこの頃からティファはクラウドと並んで紹介されるようになった。

 

口は災いのもと…と言いますが、ちょっと発言にクセがある方ではあります。

 

・ティファがFF7のヒロインですアピール

FF7の派生作品が出始めた時期から、ティファの露出が極端に増えました。それは、もともとFF制作をまとめていたトップの坂口氏が退職し、FF7関連の作品の指揮権が野村氏(と北瀬氏)に変わってからです。

 

公式のティファプッシュ活動により、FFのライトユーザは、FF7のヒロインはティファでしょ?どころか、FFシリーズのヒロインはティファでしょ?と思っている方も多くなってきています。(活動の成果が出ている?)

 

野村氏が直接「ティファが一番好きです、推してます」と言ったわけではないので、直接彼を非難していいものか…と思うところもありますが、状況証拠的に黒と思う方が多いのは理解できます。FFファンの「ティファはもういい」というティファアレルギー現象に対しての怒りの矛先が、野村氏に向かってしまっているのです。

 

 

・性格も聖女化

また、ただ出演回数を増やすだけでなく、無印FF7の設定と、性格を変えたり、セリフを変えたりしてきている傾向にあります。

 

例えば、ティファは無印FF7では、弱々しく「クラウドがいてくれるなら」といつもクラウドに頼りがちな性格でした。ですが別のゲーム(いただきストリート)では「仲間がいてくれるなら」にセリフが変えられており、前向きで仲間思いと言った印象に変わっています。

 

ティファはもっと素朴な感じだったのですが、完璧な女性にするために演出を変えられている傾向があるのです。

 

昔からのFFファンは違和感を覚えざるえません。

 

・ティファアレルギー発症

それにしても、公式のティファ推し活動は、最近ちょっとやりすぎ?ているかもしれません。

 

ティファはゲーム界の3大ゴリ押しキャラに認定されるほどになってしまいました。

 

ティファの登場回数が増えた結果、ティファ以外のキャラに思い入れのある従来のファンは「なぜティファばかり…」と違和感を覚える人が増えました。

 

それは、FF7の中のみならず、お祭りゲーと言われる各FFシリーズのキャラが登場するゲームでも同じことです。他のナンバーが好きなファンは「またFF7のティファ?ティファばっかりじゃん。ティファの枠を他のキャラに使ってよ…」という心理が働き、最近がティファが煙たがられる現象が起きてきています。

 

その結果、せっかく上位だった人気投票の結果も、最近はティファの順位が下がってきています。皮肉なものです。

 

 

・ティファは元々人気だった

しかし、ティファは人気がないというわけではありません。かなり人気です。FF7発売当初の斬新なキャラ設定、女性なのに格闘家、元気そうだけど控えめな性格、男性が好むルックス、ということでかなりの指示を集めたキャラでした。

 

日本のみならず海外でもFF7の女性キャラの中では一番人気だったのです。海外ではゲーム内でキャラクターの操作性の良さなどが重視される傾向があり、途中で死んでしまうエアリスはパーティーの役に立たないという理由でティファを好きになる人が多いようでした。

 

しかし2010年を過ぎたあたりから、エアリスの人気が上がってきたように思います。

またガーネット、ユウナ、ライトニング、シドニーと、新しいナンバーのキャラが注目されそれに伴いランクが落ちたりしています。

 

海外参考サイト

http://digi-6.com/archives/51993782.html

https://forums.khinsider.com/video-games/32801-japan-playstation-ff7-ac-survey-results.html

http://www.ign.com/articles/2014/03/24/the-most-popular-final-fantasy-characters-of-all-time

http://www.ign.com/articles/2008/03/25/final-fantasy-vii-top-10-characters?page=1

https://www.complex.com/pop-culture/2013/10/greatest-final-fantasy-characters-all-time/

https://www.thegamer.com/ranking-all-the-final-fantasy-ladies-from-worst-to-best/

 

 

一方、日本では、色んなところでキャラランキングされてきていますが、上位はだいたいいつも安定してユウナ、エアリスでトップ争いをしているイメージです。

 

★公式・FFRKユーザー300万突破記念アンケート ★
1位 ユウナ
2位 エアリス
3位 セリス
4位 ティナ
5位 ライトニング
6位 ティファ
7位 リディア
8位 ベアトリクス
9位 ユフィ
10位 ファリス

 

5年前のFF25周年好きな女性キャラ投票では1位ライトニング、2位エアリス、3位ユウナ、4位ティファとティファは4位でした。

 

 

ティファは「恋人にしたいランキング」「セクシーな女性キャラランキング」などではトップ入りをするキャラなので、そういった目で見たときは一番になるキャラなのかもしれません。しかし、「FFキャラとして」という一般的な目で見た場合は別になり、ランキングが少し下がる傾向にあります。

 

・人気だから推しているのならわかるのだが…

人気投票やファンの声を聞き入れてティファの出番を増やしているのなら、納得するのですが、いろんな情報をあつめても、ティファが一番人気というわけではありません。

 

ユウナがガンガン登場していても違和感ないのですが。

 

そうでないキャラばかりが出番多いのは不自然、スタッフの中に異様にティファを溺愛している人がいるのではととらえられてしまうのは当たり前のことです。特にお祭りゲーなどでは他のキャラが好きなファンたちは、いったい公式は何がしたいんだ?となりますよね。

 

しかし、ティファも十分人気です。ファンが多いキャラです。だからこそこのままの方針でいったら、人気があがるどころかファン離れが加速していくかもしれません。公式は見せ方を少し間違えているように感じます。

 

 

・キャラデザに好みが入るのは普通だが

話を戻します。

 

キャラデザに自分の好みの思考が反映されるのは悪いことではありません。事実、野村氏のデザインしたキャラは多くの方に愛されていますしそれは素晴らしいことだと思います。

 

何がマズいかというと、

 

①自分の好みを公言してしまう

思っていても、言わない方がいいことを言いがちなのではと感じます。プロであれば自分がどういた発言をするべきか、どこまで私情を伝えていいのかという線引きが出来ていなければなりません。

 

たとえ、ティファやリノアのモデルが初恋の人だろうと、それを言ってしまったら、ファンの方も引いてしまったり冷めてしまったりすることがあります。嫌われてしまっても自業自得…ということになってしまいます。

 

最近はあまり突出した発言はないので、大人になられたのかもしれません。ですが過去に発言したことは書籍やネット上に永遠に残ります。

 

②キャラデザ以外に手を付ける

彼はキャラデザ担当として有名ですが、他にも色々しています。元々スクエアが少人数制でハッキリと担当がわかれておらず、手が空いた人が担当するみたいな仕事の仕方だったからその流れかもしれないのですが、彼は色々と口出しをしがちなような印象があります。

 

だから、「野村氏がティファを多く出せとスタッフに指示しているのでは?」という疑念がわいてしまうのです。

 

そして、そういったことをしたということを、これまた自慢げにインタビューなどで話すから、角が立つのではないかな?と感じます。これはFF7に限らないことです。「FF8を学園ものにしたいとアイディアを出したのは私」的なことを言ったりするのも聞く人が聞くと、あなたが自慢することではない、という印象を受けてしまいます。

 

例えばシナリオ担当に「ここ変えましょう」とか言ったり、「こうしてほしい」とか言ったり…

いい作品をつくるのに話し合いは大切ですし、いいと思うアイディアはどんどん入れていくべきです。だけど、他の担当の人にあれこれ口出ししすぎるなんて、何様なの?FFを自分の好みに仕上げて私物化するな、と思う考える人もいるでしょう。

 

また、彼の指示に「NO」と言える立場の人が年々少なくなっているではないでしょうか。ある程度立場のある人なら意見を取り下げたりすることができるでしょうが…会社では権力を持っている人には逆らえませんから。

 

彼の斬新なアイディアがFFを大きくしていったのも間違いありません。でも、自分がいいと思う全てのアイディアを取り込めばいいというものではありません。客観的に見てダメだと思うものはボツにしますよね。

 

 

FFの設定がファンに受け入れられなかった場合、ファンの怒りが声の大きい彼に向いてしまうのです。

 

 

・天野喜孝氏はどうか?

比較対象として、FF6までの主要キャラのキャラデザをしていた天野氏をあげてみます。

彼が自分のタイプの女性をキャラに起こしたとか、シナリオに口出ししたなんて話は聞いたことがありません。天野氏でなくても普通はありません。

 

天野氏が描いたキャラが嫌いだったからといって、天野氏に嫌悪感を抱いたりはしません。それは天野氏は絵を描いているけれど、中身の性格付けなどは別のスタッフが担当していることがわかっているからです。

 

天野氏は絵を描く画家として仕事をしているので、スクエニの社員である野村氏とは立場が異なるのも理由の一つかもしれません。

 

野村氏の場合、社員であるがゆえに、ディレクターなど掛け持ちしてしまうがゆえに、起こる現象なのかもしれません。

 

 

また、天野氏の描く絵は芸術的で非現実的です。絵画を見ているような感覚です。まるで別世界にいった気にさせてくれる。一方、野村氏はリアル寄りで3Dに起こしやすいという利点があり「かわいい!」「かっこいい!」と直感的に感じれる利点はありますが、その分「ダサい」とか「エロい」とかネガティブな感想も直接的に見たものに与えてしまいます。

 

例えば女性キャラで野村氏が描くティファがミニスカタンクトップを着ていたら「エロイ」と感じます。時には下品に見えることも。しかし、天野氏が描くティファは下品さはありません。

 

野村氏の絵はキャラクターをより身近に感じさせてくれますが、その分キャラに対する批判も増えたことかと思います。

 

・シナリオライターの野島氏はどうか?

このブログはFF7の話をしていくというのがテーマなので…シナリオライターの野島一成氏についても触れます。

 

野島氏の考えるストーリーに「こうしたらどうか」と案を出してくるのが野村氏です。FF7でインタビューで自分も野島氏と一緒にストーリーを考えたと主張されていらっしゃいます。

 

しかし野島氏の立場になってみたら、「シナリオライター」として雇われているのにもかかわらず、自分の考えた話に口出しされるのはいい気分しないのではないかな…と思うのですが、そこら辺の二人の関係が気になります。

 

というのも、先ほど上記で野村氏はティファ派でティファを活躍させたいのではという説明をさせていただきましたが、野島氏は、エアリスが好きなのではないか…というのが垣間見えるからです。

 

・野島氏はエアリス好き?

野島氏は、派生作品発表時に「ティファは普通に男に去られた女の人」「セフィロスのこととかいろいろなくても、クラウドとティファはうまくいかない」と発言しています。同時に「エアリスだったらうまくいったかも」とおっしゃっています。

 

また、野島氏が執筆した小説のThe way to smileの内容には「クラウドは女(エアリス)の友人であり恋人であり―――大切なものの象徴であり、守るべき存在だった。」と明記されています。

 

野村氏がインタビューでティファのことを「恋人、母、光」と言ったのに対抗するかのようなこの内容…二人の意見がかみ合っているのか疑問に思ってしまいます。

 

アドベントチルドレンやCCを見る限りは、スクエニ公式(野村氏)にティファとクラウドをカップルにするようにと頼まれていたのではないのか?

 

しかしストーリー的にエアリスが中心であってほしかった、ので、アドベントチルドレンでは表向きにティファを活躍させておりヒロインに見えるが、裏ではクラウドは家を出てエアリスの教会に住んでいたり、クラウドを助けるのはエアリスにしたりと、クラウドの心はエアリス側に傾いているような描写にして折り合いをつけた。

 

また、CCではエアリスの性格をおしとやかにし、完璧な聖女として描く。ザックスとの儚い恋物語としてエアリスを完璧なヒロインに描いた作品とする。CCでは明らかにクラウドにはティファをあてがっている。ここはエアリスにはザックスがいたので、野村氏の意見も取り入れ、それでもいいかと思った、というところでしょうか。

 

このことから、たぶん、野島氏はエアリスが好き。クラウドとエアリスが恋人であるべきというよりは、エアリス自身が好きなのではないでしょうか。

 

エアリスを生き返らせるつもりはなく、死んだエアリスは女神みたいな存在で、クラウドを愛していますが性的な意味でどうということではなく、全てを包み込むような存在に描きたいのではと思います。ザックスもなくなっており、エアリスと仲良くはしていますが付き合っているとかそういうのではなく、死後のザックスもまたプラトニックな存在として描きたいのかと。

 

 

・野島氏は悲恋が好きなのか

野島氏がエアリスを好きな理由は「結ばれない恋」をする女性だからなのではないかと想像する自分がいます。

 

野島氏が描いた他のシナリオと言えば、FF8とFF10です。

 

FF8は一見ハッピーエンドですが、リノアル説があるということは有名です。ヒロインが実はラスボスだったかもしれない…非公式ではありますが、もしこれが本当ならいかにも野島氏らしい話の流れです。

 

FF10は主人公が生きた人間ではないことが判明し、最後はヒロインのユウナを抱きしめることができなくなり消えていきます。これもまた、叶わぬ恋です。10-2でティーダは最後復活しますが、あれもその後の小説でティーダはただユウナに召喚されているだけで、ユウナが召喚を止めてしまえば消えてしまう存在ということが描かれていて、何とも言えない気持ちになります。(ティーダかわいそすぎ)

 

FF15ではストーリー冒頭で突然ヒロインが死ぬという謎めいたオープニングで当初シナリオを考案していたといいます。(最終的には大人の事情でシナリオライターは交代になりましたが)

 

野島氏のシナリオが多くの人の心を掴むのは、キャラの感情をリアルに描き、悲劇的な展開を盛り込んでくるからなのではないでしょうか。

 

 

・エアリスはクラウドより主人公っぽいところがある

FF7の場合それがエアリスです。

エアリスは初恋の相手ザックスと付き合うこともかなわないまま、ザックスは死んでしまいます。(FF10のユウナっぽい)

 

二度目の恋はクラウドと、しかし、今度は彼女が星を守るために戦い殺されてしまいます。(自分から危険をおかして亡くなり、亡くなった後も何とかしてクラウドを見守りながら星を救おうとしている。そんなところがFF10のジェクトっぽい展開でもある)

 

そういった、悲劇的な展開でも前向きに立ち向かっていくように描かれており、いつだって最後には彼女が活躍するように描かれているエアリスは、野島氏の描く物語にはなくてはならないキャラクターなのではないかと受け取れます。

 

一方、もう一人のヒロインで、近年公式がプッシュしているティファはどうでしょうか。クラウドのことを幼少期から好きだったのか?というとそうではない。給水塔に呼び出されるまで遊んだこともなかったということが判明し、彼女の性格の闇が描かれている。

 

クラウドがいるかもしれない神羅に向けてテロ活動をし、クラウドとミッドガルで再会した時も、精神が混乱しているクラウドにテロリストの仕事を紹介する。発言もくよくよしたりもじもじしたりしていることが多い。

 

よくよく設定を見ると、何とも芯が弱く、行き当たりばったりな人生を送っている女性として描かれている。でもそこがティファのいいところで、普通の女性といった感じです。

 

でもこう見るとシナリオ面ではいかにエアリスとティファの立ち位置が異なるかということがわかります。エアリスは星を救うための重要人物であり前向きに立ち向かっていくヒーロー(ヒロインだけど)として描かれており、ティファは闇落ちした一般人(テロリストになっちゃった)でクラウドに依存している女性、といった感じです。

 

・野島氏はクラウドとエアリスの関係をどう考えているのか

では野島氏はクラウドとエアリスとティファをどうしたいのか考えてみます。

 

エアリスがクラウドのことを好きなのは事実です。ですが、クラウドを自分のものにしたいとは思っていないように思います。思っていたら、自分が生き返ろうとするか、クラウドを殺して一緒にライフストリームの中に来てって展開になるような。

 

むしろクラウドの方がエアリスに執着しているように思います。無印では「エアリスの思いを解き放つ」ためにセフィロスとの決戦にいどみます。ACでは「許されたい」といってエアリスの教会に住み着きます。「死にたい」と思っていることがティファにばれます。

 

最後にエアリスの姿を見て笑顔になります。最後に「もう大丈夫だね」と言って去っていくエアリスを、今後は忘れていくのでしょうか?忘れないために、バスターソードとお花のセットがエンディングにあるのでしょうか。

 

野島氏はクラウドとエアリスを恋人として描きたいわけではないように思います。そのもう一つ上の次元の関係を描きたいのかなと受け取りました。

 

ただ、上のような関係だとやはりクラウドはティファのことをあまり大切にしていないように思います。ティファはクラウドと一緒にいたいと思っている、恋人になりたいと思っているのがありありと見えています。それにクラウドはハッキリと答えていません。生殺しみたいな状態がこれから先もティファは続く、といった印象を受けます。

 

ティファは生きてクラウドと一緒にいれるラッキーな設定ですが、それにもかかわらずクラウドとラブラブできるわけではなく、テロ行為をしてきたことに対する罪を背負い続け、精神面では非常に可愛そうな立ち位置で、マイナス思考なキャラです。

 

クラウドが活躍した時だけ「やればできるんだから!クラウドは!」とはしゃぎ前向きな発言をします。いつもクラウドだよりで依存しているティファ、メンヘラっぽいところがあります。

 

逆にエアリスは殺されてしまい、2度と生き返ることができないかわいそうな設定ですが、精神面では満たされていそうな描写がされます。弱音を吐きません。

 

・・・・・・・・・・

 

確かに、ACのシナリオを考えた場合2年後クラウドとティファがラブラブでした。とするのは安っぽくなり駄作感があります。かといって、エアリスが生き返ってクラウドとラブラブするのも駄作感があります。

 

なんとかして、クラウドをセフィロスと闘わせる展開にもっていかなければならないし、今のACは、考えゆる展開の中で一番しっくり来たシナリオなのかもしれません。

 

・野島氏の考える恋愛はリアル

野島氏の考える恋愛は妙にリアルな気がします。どこか現実的です。

 

初恋の相手のことを大人になっても好きという人はこの世に何人いるでしょう?大抵、子供の頃憧れていた人とは結ばれません。初恋の相手よりもさらに素敵な人を見つけて、その人と恋に落ちるのが一般的ではないでしょうか。

 

漫画などでは、幼なじみが結ばれるのはありふれた展開なのですが非現実的です。FF7は現実的な思考が盛り込まれているような気がします。

 

クラウドはティファに幼い頃憧れていました。ティファがまちのアイドル的存在で自分も認められたかったからです。初恋と言っていいでしょう。でも、幼い頃のクラウド(14歳までのクラウド)はこの時点で自分にはどういった女性があうのかわかっていません。まだ子供ですから、それが当たり前です。目に映る中で、一番かわいい女の子に惹かれるのはごく普通のことです。

 

クラウドの母親はそんな彼に「あんたにはぐいぐい引っ張っていってくれる女の子がぴったり」と助言しています。ここらへんはクラウドの性格を野島氏はよく分析していると思います(クラウドの性格を考えてるのは彼なので当たり前かもですが)

 

クラウドは陰っぽい性格なので、陽な性格の女性が合うと言った意味だと思います。これはスコールとリノア、ティーダとユウナにも言えることで、性格的にどちらかが明るかったらどちらかが落ち着いているというのがバランスが取れているということだと思います。

 

21歳になったクラウドは、エアリスに出会います。それは彼にとって革命が起きたような出来事かと思います。小さいまちにいたころとは違い、外の開けた世界で今まであったことのないような女性に出会ったのですから。そして、彼女の性格に惹かれていくのは、彼の性格からして自然と言えると思います。

 

いつも悩みがちな暗いクラウドとは違う明るい女性、エアリスが魅力的に見える…というのが客観的に二人の関係を見たときの見解です。エアリスは初対面でクラウドを笑顔にさせました。本編でクラウドが笑うのはこの1回だけです。ACでは最後、エアリスに会えた時だけです。(CCではザックスと話している時に見れます。)

 

ありのままの自分を受け入れてくれる女性、ありのままの自分を引き出してくれる女性として描かれているのがエアリスです。対してティファはクラウドにヒーローであることを求め続けます。

 

初恋をしていた背伸びしたクラウドとは違い、成熟した男性として惹かれていく存在なのがエアリスなのではと受け取れます。

 

かといって、ティファのことを忘れたかといえばそうではありません。かつての憧れをキライになる男性はいません。好意的に見ているとは思います。しかし、彼の心に革命を起こしたエアリスには、勝てない存在です。さらに彼女は死んでしまったわけですから、余計に勝てなくなります。

 

しかも、小説にはエアリスとは「恋人」だった、と明記があるわけですから生前ティファは惹かれあっている2人を横で見ていたのかと思うと何とも言えない気持ちになります。

 

解体真書にはコルネオの館で「さっそく別の女の子と仲良くなってるのは気に入らないわ」「でもエアリスってすごくいい子だし私もすぐに好きになっちゃったからムリもないかな…」とエアリスに対抗心を燃やすティファのセリフがあります。

 

逆にエアリスはティファのことを「クラウドってヒーローみたい!ティファの時も私のときもピンチになるとどんなところでも来てくれる!」と前向きな感じでしか見ておらず、ライバル心を見せる描写はありません。

 

 

・一度はティファを選んだクラウド

一般的な考え方からいくと、大切に思っていた女性が目の前で亡くなったら忘れられなくなります。しかし、そこに傍で支えてくれる初恋の相手がいたら、その相手と一緒になろうとも思うはずです。

 

死んだ女性(エアリス)は生き返ることはないのですから、未来に向けて生きている相手(ティファ)と過ごしていこうとなるのは自然な流れでしょう。

 

野島氏はティファとクラウドはうまくいかないとおっしゃっているので、一緒になろうと努力した結果破局してしまう未来が、野島氏には見えているのかもしれませんが…。

 

その原因が、エアリスとは限りません。ただ単なる二人の性格の不一致という意味も含んでいるのかもしれません。クラウドもティファもネガティブ思考なので、かみ合わないところがあるかもしれません。

 

確かにどちらかというとティファはもっと明るい人の方が似あうような気もします。ティファはよく落ち込んだりするので、明るく元気づけてくれるようなザックスみたいな人の方が安心できるのではないでしょうか。

 

クラウドだと彼ももじもじ系なので、お互い暗い雰囲気のまま進まないような気がしますし、悩まされることが多そうです。ティファは「助けてほしい」守られたい女子なので、「守ってやる!」っていう男っぽい人の方が合う気がしますね。野島氏はそういう事が言いたいのかもしれません。

 

また、ティファはテロでたくさんの人を殺してきましたし、クラウドはエアリスを助けられなかったことを悔いている。2人はいつも罪を背負っており落ち込んでいる描写が小説にあります。これも一般的に考えて2人が幸せになれない理由の一つです。2人が笑いあっていたら不謹慎だから、作中で2人の会話に笑顔がないのかもしれません。

 

こう考えるとクラウドがティファを好きでいる理由がありません。初恋が幻想だったことに気づくはずです。ティファもクラウドの何が好きなのでしょう。助けに来てくれるヒーローだから?

 

なぜ2人が一緒にいるかって他に同郷がいなくて帰るところがないから依存している、と言う設定かなと感じ取れてしまいます。

 

 

 

 

話しが長くなりましたが

 

 

よって、ティファの公式ヒロイン化活動により、ビジュアル面や演出面ではティファ優遇されていっていますが、野島氏が担当するシナリオの視点からはエアリス援護が続いている(自分が考えるストーリーからずれてしまわないように補正をかけている)といった印象を受けます。

 

 

・FF7リメイクの懸念

そんなこんなで野村氏がディレクターを務めるFF7リメイクの行く末が今から心配です。

 

アドベントチルドレンなどを見るからに、かつての無印FF7とストーリーなどを変えてきそう…と感じるからです。

 

 

野村氏の考えるFF7のストーリー

・クラウドが終始クール

・ティファがメインヒロイン 性格がエアリス化(仲間思いの前向きキャラ)

・エアリスはザックスとくっつけたい

・セフィロスがクラウドのストーカー「久しぶりだなクラウド(何回目)」

・ヴィンセント活躍、隣にユフィあてがう

 

 

恐ろしいことに、アドベントチルドレンやCCだけやったプレイヤーはこれがFF7のストーリーだと思っている人も少なくないということです。

無印FF7の良さがなくなってしまっているんですが…それを嘆く人はもはや少数派なのでしょうか。スクエニがFF7リメイクをダレに売り出したいのか、ターゲットをどこに定めているのかわかりませんが、個人的には無印に忠実にリメイクして欲しいものです。

 

・各キャラのセリフ、性格は極力変えない

・好感度システムそのまま(だからクラウドの性格もそのまま)

 こうはならないものか。

 

あとはエアリス生存ルートが二週目以降あったり、バトルがアクションになっていたりする変更は、まぁ、マーケティングな観点で取り入れるのは仕方ないし、ありだと思います。(ターン制のマテリアシステムは楽しかったけど、世界へ向けて発売するならアクションの方が売れるという考え方もあり。)

 

グラフィックはもういいです。変にこだわるなら早く発売したほうがいいです。

 

分作にするというくらいなので、シナリオを削る気はない?ということでしょうか。

ということは、シナリオだけはリメイクにおいて変えると意味がないので、変に変えるのであれば興ざめ「思い出の中でじっとしていてくれ」状態になります。もっとひどくなると「興味ないね」状態になります。

 

 

もう一つの懸念は、納期の遅れです。

FF15も全然発売しなかったですし。KH3もまだ発売していないし。FF系は必ずといっていいほどなかなか発売しません。ので、「もうすぐ発売?」と期待してはいけません。生きているうちに完結するかもわかりません。(たぶんみんなあきらめている)

 

・おわりに

長々と話してしまいました。ゲーム開発者のお話をしてしまいましたが、ここに書いていることはあくまで私の推測、考察です。

 

ゲーム業界は、特殊な業界かもしれませんね。

 

サラリーマンであり「会社員」である開発スタッフが、顔出ししてインタビューされたり。ネットで話題になったり、ファンが出来たり、時には酷く批評されたりするのですから、まるで芸能人みたいです。

 

本人の立場になったら、有名なゲームを担当した場合華やかに感じる反面、苦労の絶えない職場なのではないかと思いました。


前の記事→ セフィロス(ジェノバ)は何者か

次の記事→ 

コメントをお書きください

コメント: 23
  • #1

    かおり (日曜日, 23 9月 2018 19:31)

    すごく面白いです。ブログの中の考察、どれも興味深く一気に読んでしまいました。
    初プレイ時は野村氏の絵が可愛くてティファ推しでしたが、大人になって野島氏のシナリオにの素晴らしさに気づいた今、FF7のヒロインはエアリスだったなぁと感じさせられます。

  • #2

    エアリス派 (土曜日, 10 11月 2018 11:56)

    野村哲也の素の姿を知らないけど、
    オタクにありがちな性格してるなぁと、このページを読んでて感じるかなぁ。

    若い頃の写真は、ちょっとカッコつけた高額アクセサリーを身につけたドヤ顔に見える部分は確かにある。ちょっとナルシストな部分を感じだけど相当モテたんだろうなという偏見を持ってます。

    描くイラストは好きだけどね。
    最近の流行からしたら濃いのかもしれないけど。

    叩かれてFFから外されどうなるかなと思ってたけど、キンハーで仕事してるし、FFの代名詞みたいな人が解雇されるわけないだろうから大丈夫なんじゃない?

    ただそのうち、第2の藤島 康介になりそうには思った(笑)

  • #3

    エアリス推し (金曜日, 25 1月 2019 11:24)

    はじめまして、冷静に考察していただいていて嬉しいです。

  • #4

    はじめまして、こんにちは。 (水曜日, 13 2月 2019 04:22)

    興味深く全てブログは拝見しました。

    誹謗中傷など気にせず、ブログをまたよろしくお願いします。

    非常に参考になり、楽しく拝見できましたので、、、

    よろしくお願いします。

  • #5

    腑に落ちたことがたくさん… (日曜日, 19 5月 2019 20:49)

    >ティファはテロでたくさんの人を殺してきましたし、
    >クラウドはエアリスを助けられなかったことを悔いている。
    >一般的に考えて2人が幸せになれない理由の一つです。
    >2人が笑いあっていたら不謹慎だから、作中で2人の会話に笑顔が
    >ないのかもしれません。

    これ凄く頷けました

    テロ活動をしていたヒロイン
    自己犠牲で星を救ったヒロイン

    これを天秤にかけたとき…一般の人はどう思うでしょう?
    このご時世、いくら作り話とは言え、テロリストのヒロインに
    軍配をあげるのは如何な物かと思います
    モラルの問題ですよね…
    野村さんがティファを溺愛したい気持ちも分からなくはありません
    でも一度世に出してしまったゲームはファンの物でもあり、会社の財産であり
    何より日本を代表するゲーム、ビッグタイトルの一つです
    そこに自分の好みを優先して名作を破綻させてしまったらどうなるでしょう?
    FFブランドを失墜させるほどの大打撃を会社も受けることになるかもしれません
    それを危惧するファンも少なくありません…
    実際に坂口さんが退職してからの御社のゲームはあまり評判は良くないのが現状です
    会社とスタッフの皆さんの信用を取り戻すためにも
    世界中のファンが待ち望んでいるFF7(無印)のリメイクを作って欲しいと願っています

  • #6

    不安 (水曜日, 18 12月 2019 02:42)

    考察を拝見させて頂きました。
    FF7の派生コンテンツなどを目にしてモヤモヤとしていた理由がこちらの考察で腑に落ちました。

    作中でのクラウドとティファは起きてしまった出来事や、本人の性格も含めて、陰の性質のように見えますね。
    この2人は、もたれかかって傷を舐めあう、膿んだ関係になってしまいそうです。
    ACを見ても2人の関係が明るい発展をするようには、思えなかったです。

    どちらも、陽の性質の明るい方へ引っ張ってくれる人と、一緒になった方が、幸せになれそうな気がします。

    最近のFFはキャラクターの性格やシナリオが昔と違って、厚みも面白みも大きく欠けているように思います。
    ビジュアルに拘って、格好ばかりつけているように見えるのです。
    FF9は面白かったですが…。

    FF7Rも新しいキャラクターが出てきて、どうなることか心配です。

  • #7

    ヨタフレア (日曜日, 15 3月 2020 21:37)

    ついに来月リメイクが出る

    FF7はもともとは坂口氏の魔晄都市で主人公たちがテロリスト 爆破して追われる者
    生命がテーマという原案指示のもと北瀬や野村が設定肉付けしていったらしいからストーリーは最初から野村が関わっている
    北瀬もシナリオ書いていて派生作品では本編と矛盾した話を作ったが
    デバッガーからシナリオバグ報告、クレームが有り修正した事もある
    FFはもとからシナリオクレジットされてないスタッフもテキスト制作に加わり
    好き勝手作る寄せ集めのつぎはぎで創られた作品だ
    誰がヒロインかはゲームだから別にヒロイン別ルート創ればいいだけだけでの話であるが

    今はもう野島も社外の人間で外注
    社内の人間であり監督でもある野村の方が決定権を持つから
    野村の意向が強く反映されたものになるだろう

  • #8

    リメイク検索していたら辿り着きました。 (水曜日, 18 3月 2020 03:07)

    個人的にはティファに限らずですがどのキャラクターも
    自分がプレイして思った印象を大切にしてほしいなと思います。
    昔と今でキャラを見直して印象が変わったというのは全然有りだと思いますし
    人に好みは有るので、好きなら好き、嫌いなら嫌いでも良いと思います。
    でも開発が推しているのが気に入らないとか
    みんなに嫌われてるキャラを応援したくない、のような
    自分の意見とは別の部分に流されてキャラの印象を変えてしまうのは
    その人の自由ではありますが、少し寂しく思ってしまいます。

    ちなみに私はティファ、エアリス、どちらが欠けても
    クラウドがクラウドとして戦いを終えることが出来なかったと思うし
    星を救うこともできなかったと思うのでどちらもヒロインだと思っています。
    恋愛のことは2人にしかわからないので私からは何も言えませんが
    乗り換えた壁が大きいので、小さな事で壊れてしまうような
    関係ではないと信じたいですね。

  • #9

    cld (月曜日, 13 4月 2020 05:55)

    野村氏が本当にティファ好きか?と言われたらおそらく本当だと思われるが、だからといってエアリスが嫌いなわけではないかなと思われる。
    KH2か3の海外のインタビューでも、野村氏はティファの事は光と言っていたが、エアリスの事はクラウドに最も近しい女性と言っていた。
    そういう意味では心はエアリスというのも頷ける。

    何というか、野村氏以外の働きかけが強い気がする。ディシディア等もそうだが、ティファのファンに当たるスタッフが多くなってしまったのではないかと。
    カップリングは公式設定などはないし、正直クラウドが決める事ではあるが、流れとしてクラウドとエアリスが本来結ばれるであろう設定を無理やり変えた感は否めない。後付けのACやCCも多いからね。

    野村氏は確かにティファの方が好きだとは思うが、野村氏の一存ではない気がする。というのが今までのFF7の流れを見てきた流れですね。

    今回のリメイクでエアリス生存か復活をさせて、分岐ルートさせ、プレイヤー(クラウド)が選べる未来があるなら、それを実現してほしい。売上も上がるだろうし、何より不毛な争いに決着もつく。

  • #10

    通りすがり (火曜日, 28 4月 2020 22:34)

    大変面白く読ませていただきました。
    発売されたFF7リメイクをプレイする中でティファに感じていた違和感に答えが出た感じです。
    初期FF7プレイから時間が経つせいで忘れているのかなと思いつつずっとモヤモヤしていました。
    やはり改変されていますね。
    最初から可愛さのゴリ押しで引きました。
    いや確かにグラも性格も可愛いんですけど、昔のティファとは違います。
    よくいる美少女SSキャラみたいです…。

    もしプレイされましたら新しい考察を拝見したいです!

  • #11

    リメイク中断中 (金曜日, 01 5月 2020 18:53)

    ここで懸念されていたことが現実となりましたね。とにかくティファヨイショ! セフィロスはクラウドのストーカー、エアリスはメタリス化でオリジナルが既に台無し、嫌な気持ち悲しい気分でこちらを見つけました。
     7はクラウドの物語なのにな

  • #12

    原作厨 (土曜日, 02 5月 2020 12:35)

    素晴らしい考察でした。
    リメイクは、嫌な予感的中でしたね。
    蓋を開けてみれば、ディレクターへと昇格した野村哲也がやりたい放題してくれちゃった二次創作へと成り下がりました。

    次回作以降も野村色全開で、色々とヤられるでしょうね。

    リメイク評判いいですが、やたら神ゲー神ゲーいってる奴は、本当に原作知ってるの?と疑問に思う事が多いです。

    リメイクに関しては、野村にレイプ されていく事を表明したような作品に仕上がってるので、かなりガッカリしましたね。

  • #13

    ななし (日曜日, 03 5月 2020 20:03)

    懸念がすべて的中してるので苦笑いしました。

  • #14

    ん~ (月曜日, 04 5月 2020 22:10)

    原作で「エアリスとクラウドは恋に落ちた」けど、死別したと考えたほうがしっくり来ます。
    ゴールドソーサーイベントもティファのは「せつない片思い」っぽい雰囲気だったし、
    その方がシナリオ的にもエアリスの死(ヒロイン途中で死ぬってショッキングだし)や後のあれこれが、よりドラマチックかなあと。

    ・エアリスは、
     「ザックス(初恋)⇒死別⇒5年経過⇒クラウドに恋
      ⇒自分死亡⇒クラウドを見守る」

    ・クラウドは、
     「ティファ(初恋)片思い⇒故郷出奔⇒故郷失う⇒時間経過⇒エアリスに恋
      ⇒エアリスと死別⇒傷心⇒ティファに支えられる」

    ・ティファは、
     「給水塔で会話⇒印象残る⇒故郷失う⇒駅で再会⇒気になりだすが、言えない
      ⇒エアリスとクラウド見守る⇒エアリス死亡⇒傷心のクラウド支える」

     こんな感じ。

    エアリスの死後、ティファが恋人として支えていくのか、仲間の一人として支えて行くのかは、余韻残して。(好感度と選択肢で、原作ラスト変わるし)

    個人的には、即イチャイチャは嫌かなあ。
    もしティファと結ばれるなら、何年も後。紆余曲折を経て結婚し、子供にザックスとエアリスと名付けて幸せになったりするといいかも・・・。
    大事な人と死別した人が、悲しみ乗り越えて進むのを故人も望んでるし、それは故人を忘れたり気持ちが薄れるのとは違うと思いますし。

    で、エアリスがもし死ななければ、エアリスと結ばれるのが自然かなとも思います。
    (※あくまで個人的解釈で、押し付ける気は無いです。ユフィ派の方もごめんなさい)

    「ずっとクラウドはティファ一筋だった」と解釈してる方もいるし、
    CCでザックスはエアリスと両想いだったと描かれているみたいだし
    (原作では、ザックスは「あちこちにあてがあるから、みんなの世話になって…あ、どの女の子も親と住んでるのか…」という描写があり、エアリスの片思いかと思ってました)
    リメイクではクラウドとティファが最初からかなり親し気だったり、守ったりする絡みも多く、どう持って行くのか読めない感じですね。
    エアリスとクラウドの掛け合いはコミカルで可愛くて、相変わらずいいコンビでしたけど(屋根の上の会話とか)、何かの時にエアリス助けるのは半分ぐらいティファだったし。
    次作以降も、懸念はすべて的中してしまうのか…見守ります。

    長文失礼しました。

  • #15

    その通り (金曜日, 08 5月 2020 23:07)

    野島さん(職人)のストーリーを安易な素人(野村さん)にいじらせるからこうなる、といったひどい矛盾を抱えたままリメイクもはじまってしまいました。はじまってしょっぱなから、ティファの好感度上げるための人格改変(新規ユーザーやライト層の取込みの為??)シナリオ巻き込んだティファの聖女化。
    もうありとあらゆるとこでシナリオに強制的に絡んできてしつこすぎて心折れそう。
    ほかのキャラの出番まで奪ってティファ押しされるし、やたらティファがもてはやされる、ボディタッチばかり見せられる
    重厚なシナリオなのにティファだけがいちいちギャルゲーの安いノリで絡んでくる。一体これはなにをやらされてるんだ感がラストまで否めませんでした。
    エアリスをけなすシナリオなんてなかったのに、リメイクのミツバチの館ではティファと比べて散々こきおろす。正直、ティファ人気が野村さんの思ったようには長年上がらず、むしろゴリ押し批判が高まるばかりの中で、これでもかとばかりにエアリスに向かって八つ当たりしてるようにしか思えません。
    このまま野村さんのエゴゲームをリメイクという大作に巻き込んで貫いていくとしたら、とんでもない愚作(地獄)の誕生ですね

  • #16

    続編は原作トレースするらしい (土曜日, 09 5月 2020 19:56)

    今作で7Rは野村哲也のエゴ全開で完成する事が決定しましたね。
    今後はどうなる事やら、先が思いやられます。
    今回は売れてて、評判も上々だから、批判してるのは悪みたいな風潮出てるけど、今後つまらない展開だったら、やっぱり原作のほうがよかったとか掌返してくるんだろうな。
    7Rの陳腐すぎる改変も酷かったけど、原作厨とか煽ってくる頭の悪いやつが大量に湧いてる事がもっと酷い。

  • #17

    男に都合のいい世界 (月曜日, 11 5月 2020 10:03)

    >>cid
    >野村氏はエアリスの事はクラウドに最も近しい女性と言っていた。
    >そういう意味では心はエアリスというのも頷ける。

    つまり体はティファ、心はエアリス?
    成程これなら納得出来る

    だが内気な性格と言いながら露出過多、エロ媚びポーズ、男に媚びるセリフや仕草
    シリアスな場面でも薄ら笑いを浮かべた顔…その他諸々
    不快要素しかないティファを好きになることは一生ないだろうな
    オリジナルでは無かった女の薄っぺらい友情アピールも嘘臭くてうざいだけだ

    正妻と愛人で仲良くやれってか? その加▼臭思考がとにかく気持ち悪いんだよ…

  • #18

    リメイクとは (火曜日, 12 5月 2020 06:27)

    本当に女同士の嘘くさい仲良いよ演出クソだったな。
    思い返してみれば、原作だとエアリスはなにかとティファの上いってて、ティファはいつも嫉妬してる描写が多かった。
    女同士の薄い友情を描くほど、胡散臭いものはないな。
    野村の女経験の薄さが知れるな(笑)
    見るからに夜遊びしまくってたであろう坂口との差が、演出にまで滲み出ているのが滑稽すぎて笑える。

  • #19

    よっちゃん (金曜日, 15 5月 2020 22:15)

    素晴らしい!冷静でとてもわかりやすく納得できる文章でした。まったくもってそのとおり!
    リメイクの予想がすべて的中していてなんともすごいやら公式が情けないやら。
    野村氏とティファはもはやスクエニ・FFの呪いですね。その後のFFのヒロイン黒髪七三ロングにしましたからね。ありえない。私物化がひどすぎます。リノア見た瞬間金輪際FFは買わないと心に決め、実際そうしています。

  • #20

    らら (日曜日, 17 5月 2020 20:59)

    リメイク、まったくと言っていいほどエアリスが出てこなかったので原作と大きく異なる事に心配になり、検索かけた時にこちらのブログに辿り着きました。予想的中と冷静な判断ありがとうございます! エアリスはヒロインでクラウドは主人公なのに二人が逆に目立たないリメイクなんなんでしょうか・・。あと私個人の意見としてラスボスにあたるセフィロスを早々に出すのって、物語を知りすぎたせいかなと思いました。初見でプレイする用に作られていないというか。エアリス、セフィロス、クラウドの扱い方が下手くそなのかなーなんて思いました。

  • #21

    (水曜日, 03 6月 2020 00:38)

    どこぞのナ○トとかいうアニメの白目おばさんみたいな扱いされてるんですね、サブヒロインって。FF7なんて最近まで知らなかったのでゴリ押しされてるって聞いて思い出してしまいました(笑)ティファさんは被害者な気もしますが

  • #22

    うーん (火曜日, 16 6月 2020 21:04)

    だらだらとした文章で読みにくい。

  • #23

    かなしい (日曜日, 07 3月 2021 19:11)

    なんというか、予言そのままになっていました…